2020.9.16 Windows10フォト動画編集

Windowsフォトアプリの動画編集機能の使い方まとめ

tebikiサポートチーム
執筆者:tebikiサポートチーム

製造/物流/サービス/小売業など、数々の現場で動画教育システムを導入してきたノウハウをご提供します。

Windows 10に標準でインストールされているフォトアプリには、標準ソフトと思えないほど多彩な動画編集機能が揃っています。
本記事では、フォトアプリの各動画編集機能の解説に加えて、フォトアプリではできない動画編集機能、フォトビューアーとの違いもあわせてご紹介します。

※フォトアプリの起動方法は「Windowsフォトアプリの起動方法」をご覧ください。

 

目次

Windows フォトでできる動画編集機能

フォトアプリには多くの動画編集が揃っており、ちょっとしたことならほとんどのことができます。

動画圧縮

ビデオプロジェクトのエクスポート時に低画質を選ぶことで、動画容量を小さくすることができます。

【詳細記事】 Windows 10 フォトを使って動画を圧縮する方法

動画結合

ビデオプロジェクトに動画を追加していくだけで、かんたんに結合することができます。

【詳細記事】 Windows 10フォトを使って動画と動画を結合する

動画の途中に別の動画を差し込む

A動画にB動画を単純に結合するのではなく、A動画の途中にB動画を差し込む(挿入する)こともできます。A動画をA1とA2に「分割」する、という方法をとります。

【詳細記事】 Windows 10フォトを使って動画の途中に別の動画を差し込む

 

動画シーンのトリミングとカット

動画ファイルの最初と最後のシーンをカットする方法は「トリミング」と言われますが、フォトアプリではとてもかんたんにトリミングすることができます。

【詳細記事】 Windows 10 フォトを使って動画の前後のシーンを削除(トリミング)する方法

動画の途中のシーンをカットする場合は、少し手間はかかりますが「分割」という機能を使ってシーンを削除することができます。

【詳細記事】 Windows フォトで動画の途中のシーンを削除(カット)する方法

 

動画回転

「回転」という標準機能が用意されています。

【詳細記事】 Windows フォトで動画を回転させる方法

 

描画とテキスト入力(テロップ)

いわゆるテロップとして、テキスト入力することができます。尚、1つの動画に1種類のテキストしか挿入できないので、シーンごとにテキストを変えたい場合は「分割」することになります。

【詳細記事】 Windows フォトで動画にテキスト(テロップ)を挿入する方法

手書き文字などを描画することもできます。

【詳細記事】 Windows フォトで動画に描画する(手書き入力した文字を書き込む)方法

 

画像からスライドショー作成

画像を使ってスライドショー動画を作成できます。各画像の表示長さも設定できます。

【詳細記事】 Windows フォトでスライドショーを作成する方法

 

音量調整、音声削除、BGM追加

音量を一括で大きく/小さくすることもできますし、一部のシーンの音量だけを変更することもできます。

【詳細記事】 Windows フォトで動画音量を調整する方法

動画内の音量ボリュームを0にすることで、音声を削除(消去)することもできます。

【詳細記事】 Windows フォトで動画の音声を消す(カットする)方法

あらかじめ用意されたBGMや、自分の好きなBGMを追加することができます。

【詳細記事】 Windows フォトで動画にBGMをつける方法

 

フィルター効果

写真アプリでは一般的な機能である、クラシック/セピアといったフィルターを動画にかけることができます。

【詳細記事】 Windows フォトで動画にフィルターをかける方法

 

スローモーション効果

一般的なスローモーションだけでなく、スーパースローの設定もできます。

【詳細記事】Windows フォトで動画にスローモーション効果をつける方法

 

3Dエフェクト(特殊効果)

雨を降らせるなどの特殊効果が用意されています。

【詳細記事】 Windows フォトで動画に3D効果を追加する方法

Windows フォトでできない動画編集機能

様々な動画編集機能があるWindowsフォトアプリですが、少し高度な機能になるとできないことも多いです。以下、フォトアプリでできない機能をリストアップしました(2020/8/24時点)。

  • 動画の一部シーンにモザイク(ぼかし)をかける
  • 字幕
  • テキスト(テロップ)を動画にあわせて動かす(スクロールさせる)
  • テキスト(テロップ)を好きな位置に移動
  • 動画の一部シーンの静止(一時停止)
  • 図形挿入
  • 音声入力(音声上書き)。いわゆるアテレコ。
  • 明るさ(彩度)調整

フォトビューアーとの違い

Windows 10でフォトアプリが登場するまでは、Windowsの画像編集は「フォトビューアー」、動画編集は「ムービーメーカー」でした。フォトアプリは、それまでのWindowsの画像・動画編集ソフトの総まとめ版と言えます。

Windows 7/Windows 8からアップグレードした場合はWindows 10でもフォトビューアーを使えますが、今後はサービス終了となる可能性があります。フォトビューアーとの機能の詳しい違いについては、こちらの記事をご覧ください。

フォトビューアーはもう使えない!「Windows10 フォト」とは? 

tebikiを使ってクラウド動画マニュアルを作成/共有する

現場向け動画教育システム tebiki は、マニュアルを「作りながら改善していくスタイル」にあわせたシステムで、誰でもかんたんに、相手に伝わりやすいマニュアルが作成できます。自動字幕生成や多言語翻訳、一部シーンの静止、図形挿入、音声上書きなど、フォトアプリにはない豊富な機能が揃っています。もちろん、Windows フォトアプリで編集した動画を活用することもできます。
詳しくはこちらのサービス紹介ページをご覧ください!

クラウド動画教育システムtebiki

今すぐクラウド動画教育システムtebiki を使ってみたい方は、デモ・トライアル申し込みフォームからお試しください。