2020.6.21 Windows10フォト動画編集

Windows フォトで動画にBGMやスローモーション効果をつける方法

tebikiサポートチーム
執筆者:tebikiサポートチーム

製造/物流/サービス/小売業など、数々の現場で動画教育システムを導入してきたノウハウをご提供します。

Windows10 フォトを使って、動画にスローモーション効果やBGM、音声を付ける方法をご紹介します。

目次

Windows フォトで動画にスローモーション効果を追加する

Window10 フォトを使って、動画にスローモーションとBGMを付けた動画です。

 

手順1

フォルダからエフェクトを掛けたい動画を右クリックし、「フォト」を選択します

動画をフォトアプリで開く

 

手順2

「編集と作成」をクリックし、「スローモーションの追加」を選択する

Window フォトでスローモーションを追加

 

手順3

スローモーション効果の範囲と速度を指定します。
※初期設定では、スーパースローになっています。

Window フォトのスローモーション編集画面

 

↓上の赤枠が速度の調整バーです。右側(亀のマーク側)に寄せるほど、速度が遅くなります。今回は左側(人のマーク側)に寄せ、スーパースロー→スローに変更しました。下の赤枠は、スローモーションエフェクトの範囲を指定している様子です。

Window フォトのスローモーション編集画面

 

再生して、問題ないようでしたら完成です。次は、スローモーションを付けた動画に、BGMを付ける方法をご紹介します。
※「名前を付けて保存」することで、元の動画は残した状態で、編集した動画も保存することができます。

Windows フォトで動画にBGMを追加する

今度は、編集した動画に、BGMを付けていきます。

 

手順1

Window フォトアプリを開き、「新しいビデオ」→「ビデオプロジェクト」を選択します。

Windows フォトの「ビデオプロジェクト」ボタン

 

手順2

新しいビデオプロジェクトを選び、「追加」をクリックして、編集したい動画を選択します。
※元の動画ファイルそのものを編集するわけではなく、Windows フォトのプロジェクトに動画を挿入→編集→エクスポート、という流れですので、元の動画も残ります。

Windows フォトで「プロジェクト ライブラリ」にファイルを追加

 

手順3

選択した動画が追加されたので、「ストーリーボードに配置」をクリックします。

Windows フォトの「ストーリーボードに配置」ボタン

Windows フォトでファイルをストーリーボードに配置

これで、動画を編集する準備が整いました。

 

手順4

「♬BGM」をクリックします。
※ダウンロードしたBGMを選択する場合は、「カスタム オーディオ」を選択します。

Windows フォトで動画にBGMを挿入

 

手順5

挿入したいBGMの種類を選択し、音量を調節します。

Windows フォトで動画に挿入するBGMを選択

 

手順6

BGMに問題ないことが確認出来たら、「ビデオの完了」をクリックします。

Windows フォトの「ビデオの完了」ボタン

 

手順7

画質を選択し、エクスポートします。

Windows フォトでBGMを挿入した動画をエクスポート

これで動画にBGMを付け、保存することができました。

 

参考:その他のWindows10 フォトの使い方

Windows フォトアプリの使い方をまとめた記事です。

Windowsフォトアプリとは?機能詳細まとめ

 

tebikiを使えば、かんたんにクラウド動画マニュアルを作成/共有できます

現場向け動画教育システム tebiki は、マニュアルを作りながら改善していくためのシステムです。誰でもかんたんに動画の撮影/編集ができて、相手に伝わりやすいマニュアルが作成できるので、「誰にも見られず埋もれたマニュアル」になることを防ぎます。また、字幕や図形の追加、音声入力など、現場に必要な機能も多く備えています。もちろん、Windows フォトでスローモーション効果を付けたりBGMを挿入した動画を活用することもできます。

詳しくはこちらのサービス紹介ページをご覧ください!

クラウド動画教育システムtebiki

row-img

クラウド動画教育システム tebikiならスマホで撮影した現場の動画をマニュアル化し現場教育の課題を解決できます。ぜひお試しください!

詳しくみる

今すぐクラウド動画教育システムtebiki を使ってみたい方は、デモ・トライアル申し込みフォームからお試しください。