2020.6.21 Windows10フォト動画編集

Windows フォトで動画にテキスト(テロップ)を挿入する方法

tebikiサポートチーム
執筆者:tebikiサポートチーム

製造/物流/サービス/小売業など、数々の現場で動画教育システムを導入してきたノウハウをご提供します。

Windows10 フォトを使って、動画にテキスト(テロップ)を挿入する方法をご紹介します。フォトアプリに字幕機能はありませんが、テキスト挿入機能を使うことで、見る人にとって理解しやすい動画を作ることができます。

※提供が廃止された「ムービーメーカー」ではテキストをスクロールさせる動画が作成できましたが、フォトアプリではできなくなりました。

Windows10 フォトを使って動画にテロップを挿入する方法

Window フォトを使って、動画にテキスト(テロップ)を挿入した動画です。

 

手順1

フォルダからテキストを挿入したい動画を右クリックし、「フォト」を選択します

編集したい動画をWindows フォトで開く

 

手順2

「編集と作成」をクリックし、「テキスト入りビデオの作成」を選択します。

※元の動画ファイルそのものを編集するわけではなく、Windows フォトのプロジェクトに動画を挿入→編集→エクスポート、ですので、元の動画も残ります。

Windows フォトでテキスト入りビデオの作成

 

手順3

動画を編集していきます。まずは、テキストを入れたいシーンにあわせて、動画を分割します。

※フォトアプリでは、1つの動画に1つのテキストしか入力できないので、いくつかのテキストを入れたい場合は、動画を分割して、分割したそれぞれの動画にテキストを入力する方法となります。

Windows フォトを使って動画を分割

 

↓ピンを動かして、動画を分割する箇所を決めます。今回は5つに分割していきます。

Windows フォトを使って動画を分割

 

↓分割が完了しました。さらに「タイトル カードの追加」ボタンをクリックして、タイトルを入れるための、無地画像(青色)を挿入しました。

Windows フォトを使って動画にタイトルボードの追加

 

手順4

分割した動画の中から、テキストを入力したいものにチェックを入れ、「テキスト」をクリックします。

Windows フォトで動画にテキストを挿入

 

手順5

テキストを入力していきます(こちらの写真は、先ほど挿入したタイトルカードです)。スタイルやレイアウトを変更することもできます。赤枠部分のピンを動かすことで、テキストが表示されるタイミングを変更することもできます。

Windows フォトを使って動画にテキストを挿入

 

手順6

テキストの入力が完了しました。動画を再生し、問題がなければ「ビデオの完了」をクリックします。

Windows フォトでビデオの完了をクリック

 

手順7

ビデオの画質を選んで、エクスポートします。

Windows フォトを使ってテキストを挿入した動画をエクスポート

 

手順8

動画を保存する場所を決めて、完成です。

Windows フォトを使ってテキストを挿入した動画をエクスポート

Windows フォトを使ってテキストを挿入した動画

参考:その他のWindows10 フォトの使い方

Windows フォトアプリの使い方をまとめた記事です。

Windowsフォトアプリとは?機能詳細まとめ

tebikiを使えば、かんたんにクラウド動画マニュアルを作成/共有できます

現場向け動画教育システム tebiki は、マニュアルを「作りながら改善していくスタイル」にあわせたシステムです。動画編集ソフトを使うことなく、誰でもかんたんに要点を絞ったマニュアルが作成できるので、「書庫に保存されたままのマニュアル」になることを防ぎます。自動音声認識や自動翻訳、図形の追加など、現場が求める機能を備えています。もちろん、Windows フォトでテキストを挿入した動画を活用することもできます。
詳しくはこちらのサービス紹介ページをご覧ください!

クラウド動画教育システムtebiki

row-img

クラウド動画教育システム tebikiならスマホで撮影した現場の動画をマニュアル化し現場教育の課題を解決できます。ぜひお試しください!

詳しくみる

今すぐクラウド動画教育システムtebiki を使ってみたい方は、デモ・トライアル申し込みフォームからお試しください。