2020.6.21 Windows10フォト動画編集

Windows フォトで動画を回転させる方法

tebikiサポートチーム
執筆者:tebikiサポートチーム

製造/物流/サービス/小売業など、数々の現場で動画教育システムを導入してきたノウハウをご提供します。

本記事では、Window フォトアプリを使った動画の回転方法をご紹介します。

※かつては「ムービーメーカー」で動画を回転できましたが、現在、ムービーメーカーは廃止されているので、フォトアプリを利用することになります。

こちらの動画は、フォトアプリを使って動画を回転させたものとなります。

 

Windows 10フォトアプリを使って動画を回転させる手順

Window フォトで動画を回転させ、保存するまでの流れをご紹介します。

 

手順1

まずはフォトを開きます。

 

手順2

「新しいビデオ」をクリックし、「新しいビデオ プロジェクト」を選択します。

※フォトアプリを利用した場合、動画ファイルを1クリックで回転できないので、ビデオプロジェクトを作る→回転→エクスポート、という流れとなります。

Window フォトで「新しいビデオプロジェクト」を選択

 

手順3

回転させたい動画を選択し、プロジェクトライブラリに追加します。

Windows フォトでプロジェクト ライブラリに動画を追加する

 

手順4

プロジェクトライブラリに追加された動画を選択し、ストーリーボードにドラッグ&ドロップします。
Windows フォトで動画を「ストーリーボードに配置」をクリックする

Windows フォトで動画をストーリーボードに配置する

 

手順5

「回転」を選択し、動画を回転させます。
Windows フォトで動画を回転させる

 

手順6

確認が完了したら、「ビデオの完了」をクリックします。

Windows フォトで回転させた動画の編集を完了する

 

手順7

ファイルの保存先とファイル名を決めてエクスポート(保存)します。 Windows フォトで回転させた動画をエクスポート

 

これで、回転させた動画を保存することができました。

※元の動画ファイルそのものを編集するわけではなく、Windows フォトのプロジェクトに動画を挿入→編集→エクスポート、ですので、元の動画も残ります。

Windows フォトで回転させた動画

 

Windows フォト以外で動画回転させたい場合

フォトアプリ以外にも、Windowsで簡単に動画を回転できるサービスとして、「Apowersoft」などがあります。詳しくはこちらの記事をご参照ください。

・Windowsで動画を回転できるサービス

 

参考:その他のWindows10 フォトの使い方

Windows フォトアプリの使い方をまとめた記事です。

Windowsフォトアプリとは?機能詳細まとめ

 

tebikiを使えば、かんたんにクラウド動画マニュアルを作成/共有できます

現場向け動画教育システム tebiki は、マニュアルを「作りながら改善していくスタイル」のためのシステムです。動画編集ソフトを使うことなく、誰でもかんたんに動画の撮影/編集ができ、相手に伝わりやすいマニュアルが作成できます。「埃をかぶり、どこにあるかもわからないマニュアル」となることを防ぎます。音声自動認識や自動字幕作成、図形の追加など、現場が求める機能を備えています。もちろんtebikiなら動画の回転も簡単にできますので、フォトアプリを使う必要はありません。
詳しくはこちらのサービス紹介ページをご覧ください!

クラウド動画教育システムtebiki

row-img

クラウド動画教育システム tebikiならスマホで撮影した現場の動画をマニュアル化し現場教育の課題を解決できます。ぜひお試しください!

詳しくみる

今すぐクラウド動画教育システムtebiki を使ってみたい方は、デモ・トライアル申し込みフォームからお試しください。