2021.6.28 動画マニュアルの作り方

Googleスライドを活用して動画マニュアルを作成する方法と手順【Windows版】

tebikiサポートチーム
執筆者:tebikiサポートチーム

製造/物流/サービス/小売業など、数々の現場で動画教育システムを導入してきたノウハウをご提供します。

Google社が開発したGoogleスライドは、ブラウザで起動すればWindowsでもMacでも気にせず使えることからプレゼンソフトとしてパワーポイントの代わりにGoogleスライドを使う人もいるでしょう。また、GoogleスライドとWindows10にデフォルトで入っているゲームバー(正式名称:Xbox Game Bar)というソフトを使うことで、動画マニュアルもかんたんに作成できます。その方法についてGoogleスライドの画面を交えながら詳しく解説します。

また本記事ではWindowsでGoogleスライドを使った手順を解説します。

目次

 

Googleスライドを動画マニュアル化する手順

Googleスライドから直接動画に変換する機能はありませんが、画面録画機能を利用することで動画マニュアル化することができます。その手順は以下のとおりです。

1.Googleスライドを用意する

2.プレゼンテーションを開始する

3.キャプチャを起動する

4.画面録画を開始する

5.スライドの操作とナレーション録音をする

6.画面録画した動画を確認する

1.Googleスライドを用意する

まず、動画マニュアル化させるGoogleスライドを用意します。

動画マニュアル化させたいスライド資料

2.プレゼンテーションを開始する

ページ右上の「プレゼンテーションを開始」をクリックします。

「プレゼンテーションを開始」のやり方

スライドが全画面表示されていることを確認します。

プレゼンテーションの表示

3. キャプチャを起動する

■Windows10の場合

ショートカットキーの「Windows」+「G」でゲームバーを起動すると、画面録画ができるキャプチャ機能が使えます。

参考:ゲームバー(Game DVR)を使ってWindows PCで画面録画する方法

キャプチャを起動

■Windows10ではない場合

フリーの動画キャプチャソフトをインストールする必要があります。以下に具体例がありますので参考にしてみてください。

参考:Windowsの画面録画(動画キャプチャ)方法:パソコン操作説明に使える無料ソフト

4.画面録画を開始する

「録画を開始」ボタンをクリックすることで、録画が開始されます。ボタンをクリックした瞬間に録画が開始されるのと、マウスのカーソルも録画されてしまうので注意しましょう。

ゲームバーの「録画を開始」のボタンの位置

プレゼンテーション画面に戻り、録画が開始されていることを確認します。

録画中の画面表示

また、口頭説明を加えてプレゼンテーションとして録画したい場合は、USBマイクやヘッドセットを準備しておき、スライドに合わせて発表者の口頭説明を付け加えることで、プレゼンテーションを録画することができます。

5.スライドの操作とナレーション録音をする

録画をスタートさせたら、スライド操作や録音を進めます。プレゼンテーションが終了したら、最後に「録画を停止」をクリックし、スライドショーを終了させます。

最後のスライドを終了させる際は、数秒間「無音」の状態するのがおすすめです。そうすることで、突然ビデオが終了してしまうことを防止できます。

6. 画面録画した動画を確認する

画面録画データは、出力先を変更していなければ、「PC」>「ビデオ」>「キャプチャ」に保存されます。

保存場所

Googleスライドで説明した様子を動画マニュアル化する手順

Googleスライドを利用して研修をする予定だったものの、社会情勢などによりオンラインで研修することになったという場合など、スライド画面と説明の様子を動画マニュアルにしておくこともできます。その場合はZoom会議がおすすめです。Zoom会議でGoogleスライドを使って説明を行い、それを録画して「動画マニュアル」としておけば、参加出来なかった人も後から見ることが出来ます。

簡単な流れは以下のとおりです。

1.Zoom会議を開始する

2.レコーディングで録画を開始する

3.画面共有でプレゼンを開始する

4.終了後、動画ファイルを作成する

以下は、パワーポイントの場合の手順ですが、資料はGoogleスライドに置き換えて使ってください。

参考:Zoomを活用してパワーポイントのプレゼンを録画する方法

撮影した動画をGoogleスライドに挿入する手順

Googleスライド自体を動画化させるだけでなく、Googleスライドのスライド内に「撮影した動画」を挿入することも可能です。具体的な手順は以下になります。

手順1 メニューの「挿入」から「動画」をクリック

動画の挿入

手順2 「Googleドライブ」をクリック

Googleドライブの選択

手順3 「マイドライブ」から挿入したい動画を選び「選択」をクリック、スライド内に動画がアップロードされる

アップロード動画の選択

YouTubeの動画をGoogleスライドに挿入する手順

GoogleスライドにはYouTubeの動画も挿入することができます。

手順1 YouTubeを開いて動画を検索(例として「カフェ ミュージック」で検索)

YouTubeでカフェミュージックを検索した結果

手順2 挿入したい動画のサムネイルをクリックし、画面上部のURLをコピー

URLをコピー

手順3 Googleスライドで、「挿入」から「動画」をクリック

Googeスライドにl動画を挿入

手順4 YouTubeのURL入力画面が表示されるので、YouTubeの動画URLをペースト、表示された動画を選択し「選択」をクリック

URLをペーストし、表示された動画を選択

手順5 スライド内に動画が表示されるので、自由にサイズや位置を調整

挿入された動画のサイズ。位置を変更

Googleスライドで制作した動画マニュアルにBGMを設定する手順

Googleスライドに直接BGMをつける機能はありませんが、ビデオ化した動画マニュアルにWindowsフォトでBGMを追加することができます。

Windowsフォトを利用方法は以下に説明がありますのでご確認ください。

参考:Windows フォトで動画にBGMをつける方法

Googleスライドを動画マニュアル化するポイントまとめ

本記事では、Googleスライドを動画マニュアル化する手順ついて以下のポイントを中心にお伝えしました。

・Googleスライドのプレゼンテーションは画面録画機能で動画マニュアルが作成できる

・音声ナレーションを挿入する際はUSBマイクやヘッドセットを接続する

・オンライン研修の様子は「Zoom」を使うことで動画マニュアルとしても使える

・Googleスライド内に動画の挿入もできる

・Windowsフォトを使えばBGMも挿入できる

※実際に画面録画機能を利用してGoogleスライドをビデオ化した動画です。参考にしてみてください。

ぜひ本記事の内容を、自社の動画マニュアル作成にお役立てください。

動画マニュアル作成なら「tebiki」がおすすめ

また動画マニュアル作成なら、弊社が提供する動画マニュアル作成ツール「tebiki(テビキ)」がおすすめ。難しいソフトを利用しなくても、スマートフォンやタブレットから誰でもかんたんに動画マニュアルが作成できるので、内容に変更があったとしても、日々新しいマニュアルに差し替えて使い続けることができる、動画マニュアルソフトです。

 

クラウド動画教育システムtebiki

今すぐクラウド動画教育システムtebiki を使ってみたい方は、デモ・トライアル申し込みフォームからお試しください。