2020.6.21 画面録画方法

Zoomを活用してパワーポイントのプレゼンを録画する方法

tebikiサポートチーム
執筆者:tebikiサポートチーム

製造/物流/サービス/小売業など、数々の現場で動画教育システムを導入してきたノウハウをご提供します。

多くの方が日々行っている社内の報告や集合研修のプレゼンテーションですが、「毎回、繰り替えし同じ内容を説明しているので動画にしたい。」と考えた事はありませんか?

無料で使えるウェブ会議システム「Zoom」を使えば、パワーポイントを使ったプレゼンを簡単に録画できます。この記事では、その方法をご紹介します。

Zoomを活用してパワーポイントのプレゼンを録画する手順

手順1

Zoom会議を開始します。

ここではZoom会議の始め方の詳細はスキップします。今回は、2拠点を繋いで1対1で会議をしています。

 

手順2

録画を開始します。Zoomレコーディングを押すと、録画が開始されます。

Zoom録画の開始

手順3

続いて、Zoomの画面を共有します。

Zoom画面共有

手順4

画面が共有できたら、プレゼンを開始します。

これでプレゼンの様子を動画と音声を交えて録画できています。

参加者が一人の場合でも顔を映すことができます。顔を出すことで、よりLIVE感が出ると思います。

※参加者が2名の場合

zoomでパワーポイント説明録画(2名の場合)

※参加者が1名の場合

zoomでパワーポイント説明録画(1名の場合)

 

手順5

プレゼンが終わり、ミーティングを終了すると、動画ファイルの作成が始まります

動画ファイルは、「ドキュメント>Zoom」というフォルダの中に作成されます。作成完了まで少し時間がかかります。

Zoom動画ファイルの作成

手順6

動画ファイルが作成されたので、見てみます。

Zoom会議の様子が動画ファイルになっています。

クラウド動画教育システムtebiki

row-img

クラウド動画教育システム tebikiならスマホで撮影した現場の動画をマニュアル化し現場教育の課題を解決できます。ぜひお試しください!

詳しくみる

今すぐクラウド動画教育システムtebiki を使ってみたい方は、デモ・トライアル申し込みフォームからお試しください。

 

カテゴリー: 画面録画方法