動画マニュアル作成は「完璧を目指さない」

    Sep 12, 2019 5:57:25 PM マニュアル作成の細かい実務

    book-1977235_1920

    意外かもしれませんが、動画マニュアルを作成する際、まずは「完璧を目指さない」ことがとても大切です。いざマニュアルを作成しようとすると、映像を何度も取り直したり、事前の台本作成に凝ってしまったり、ついつい時間をかけてしまいがちです。しかし、まずはスマートフォンを持って、簡単な動画を撮影して、すぐアップロードしてみましょう。

     

    まずは動画マニュアルが完璧でなくても良い理由

    • 質よりも要点が伝われば良いから
    • ほとんどの場合は後から修正するから

    社外向けの宣伝動画ではありませんので、多くの場合、一言一句完璧に作成する必要はありません。実際に、その動画やマニュアルを他の方に見てもらうことで、初めて気づくことも出てきます。まずは作成してみて、後から修正/改善していきましょう。

    ついついマニュアル作成に時間がかかる例

    • 全員が賛成する作業標準の検討に時間をかけすぎてしまう
    • しっかりした台本、カンペを作成してしまう
    • 動画撮影前に絵コンテの作成に時間をかけてしまう
    • 動画を20分、30分と長い尺で撮ってしまう

    上記の例は、必ずしも悪いというわけではありません。しかし、いざ動画マニュアルを作成し始めると、気持ちが入ってしまい入念な準備ばかりに時間をとられ、肝心のマニュアルがなかなか作成できないことがあります。最初から全てを完璧に行うことは、なるべく避けて、簡単な一歩から進めてみましょう。段階的にマニュアルを増やし、その都度修正を行っていくことで、作業にも慣れて、段々と効率よく品質の高いものが作成できるようになります。

    カテゴリー: マニュアル作成の細かい実務