2020.5.5

OS/デバイス別の動画回転方法とおすすめアプリ

tebikiサポートチーム
執筆者:tebikiサポートチーム

製造/物流/サービス/小売業など、数々の現場で動画教育システムを導入してきたノウハウをご提供します。

目次

各OS/デバイス別に、動画を回転させる方法とおすすめのアプリをご紹介します。

Windows

Apowersoftというツールを使って、Windowsで動画を回転する方法をご紹介しています。録画しながら線・図形・文字・矢印などの注釈を簡単に付けることができ、とても便利です。

Windowsで動画を回転できるサービス 

iPhone

・iPhone/iPad iOS13以降の場合

iPhone/iPadの写真アプリから、動画の回転が出来ます。

「写真」アプリ>右上の「編集」>「回転ボタン」をクリックすることで、動画の回転ができます。

iPhoneの写真アプリのアイコン  iPhoneの写真アプリの編集(Edit)ボタン  iPhoneの写真アプリの回転ボタン

 

こちらの外部記事もご参照ください。

iOS 13の新機能:これは便利、ついに写真/動画の傾き、縦横方向の補正が可能に 

 

・iOS13以前の場合

iMovieのスクリーンショット

iMovieというアプリがオススメです。こちらの外部記事をご参照ください。

動画の縦横を間違えても大丈夫!簡単に回転させる方法はこちら 

Android

Androidのスマホ/タブレットの場合、こちらのアプリがオススメです。アプリ内の表記文字はすべて英語ですが、直感性が高く、使いやすいアプリです。

Smart Video Rotate and Flipのスクリーンショット

Smart Video Rotate and Flip

Mac

QuickTime Playerで簡単に回転できます。こちらの外部記事をご参照ください。

Macで動画の向きを変える方法! QuickTime Playerでビデオを回転/反転しよう 


※mp4形式など、回転すると動画が壊れてしまう場合は、いったんmov形式に書き出してから回転してください。

クラウド動画教育システムtebiki

row-img

クラウド動画教育システム tebikiならスマホで撮影した現場の動画をマニュアル化し現場教育の課題を解決できます。ぜひお試しください!

詳しくみる

今すぐクラウド動画教育システムtebiki を使ってみたい方は、デモ・トライアル申し込みフォームからお試しください。