2020.7.6 動画マニュアルの作り方

OS/デバイス別の動画回転方法とおすすめアプリ

tebikiサポートチーム
執筆者:tebikiサポートチーム

製造/物流/サービス/小売業など、数々の現場で動画教育システムを導入してきたノウハウをご提供します。

動画の撮影時に縦横の向きを間違えてしまったときなどに便利な、動画を回転させる方法とおすすめの無料アプリを、パソコン/スマホごとにご紹介します。

目次

Windows

Windows 10

標準インストールされている「フォト」を使えば、簡単に動画を回転させることができます。具体的な回転方法は、こちらの記事をご覧ください。
※フォトアプリは動画を回転させるだけでなく、テキストの挿入やスローモーション効果の追加など、様々な編集機能があります。

Windows フォトで動画を回転させる方法

 

Windows 7以前

「Apowersoft」という無料ツールを使って、動画を回転させることができます。動画を回転させるだけでなく、画面を録画しながら線・図形・文字・矢印などを挿入することもできます。

Apowersoft - Windowsで動画を回転できるサービス 

※なお、Windows XPに標準装備されていた「ムービーメーカー」でも動画を回転させることができます(現在は公式サポートが終了)。

iPhone/iPad

iOS13以降

iPhone/iPadの写真アプリから、動画の回転が出来ます。

「写真」アプリ>「編集(Edit)」>「回転ボタン」をクリックして、動画を回転させることができます。

iPhoneの写真アプリのアイコン  iPhoneの写真アプリの編集(Edit)ボタン  iPhoneの写真アプリの回転ボタン

 

詳しくはこちらの外部記事もご参照ください。

iOS 13の新機能:これは便利、ついに写真/動画の傾き、縦横方向の補正が可能に 

 

iOS12以前

標準機能では、動画を回転させることができませんので、動画編集用アプリをダウンロードする必要があります。他にも動画編集機能が揃っているということもあり、Apple社が提供しているiMovieがオススメです。詳しくはこちらの外部記事をご参照ください。

動画の縦横を間違えても大丈夫!簡単に回転させる方法はこちら 

iMovieのスクリーンショット

Android

Androidスマホ/タブレットの場合、こちらのアプリがオススメです。アプリ内の表記文字はすべて英語ですが、直感性が高く、使いやすいアプリです。

Smart Video Rotate and Flip

Smart Video Rotate and Flipのスクリーンショット

Mac

「QuickTime Player」を使うと、簡単に動画を回転できます。詳しくはこちらの外部記事をご参照ください。

Macで動画の向きを変える方法! QuickTime Playerでビデオを回転/反転しよう 


※mp4形式など、回転すると動画が壊れてしまう場合は、いったんmov形式に書き出してから回転してください。

クラウド動画教育システムtebiki

今すぐクラウド動画教育システムtebiki を使ってみたい方は、デモ・トライアル申し込みフォームからお試しください。