2020.4.19 動画マニュアルの作り方

スマートフォンで動画撮影:画質設定 720pと1080pの違い

tebikiサポートチーム
執筆者:tebikiサポートチーム

製造/物流/サービス/小売業など、数々の現場で動画教育システムを導入してきたノウハウをご提供します。

iPhoneなどで動画を撮影する際に画質の設定で「720p」と「1080p」があります。2つにどんな違いがあるのか簡単にご紹介します。まずは、こちらの動画をご覧ください。前半部分は、1080pで撮影したもの、後半部分は720pで撮影したものです。違いを見比べてみていかがでしょうか?

画質設定「720p」と「1080p」の違い

それでは、それぞれの違いについて解説していきます。

まず一般的な定義は以下です。

  • 「ハイビジョン(HD)」と呼ばれる画質が720p
  • 「フルハイビジョン(フルHD) 」と呼ばれる画質が1080p

呼び方の違いとしては「フル」が付くか付かないか、ということになります。

画質に関して、720pでも十分綺麗な画質ですが、1080pはブルーレイのフルハイビジョンでも使われている非常に綺麗な画質です。しかし、スマートフォンで見比べると、ほとんど違いを感じません。パソコンで見ても、大きな違いは感じられません。本記事の動画もご覧頂き、あまり違いを感じなかったのではないでしょうか。

業務用マニュアルで使う場合

動画の画質は、通常「720p」で問題ありません。
ただし、指先の細かい作業や、計器の目盛りを確認する動画など、細かい作業や動きを映す場合には、720pでは画質が粗く、見えづらくなることがあります。

ちなみに「p」とは?

pの定義について説明します。

  • 「p」はプログレッシブスキャン(progressive scan)

画像表示は「走査線」と呼ばれる水平線を上から順次描画することで実現できます。
上から 1 ラインずつ描画するのが「プログレッシブ方式」です。この方式で描画するフォーマットを「720p」や「1080p」のように表記します。

「プログレッシブ方式」の他に「インターレース方式」もあります。奇数のラインと偶数のラインを交互に描画する方式で、「720i」や「1080i」のように表記されます。インターレース方式はプログレッシブ方式に比べて、動きの速い映像に向いています。ですので、パソコン等の動きの少ないものはプログレッシブ方式が使われることが多く、テレビなどの動きが多い場合はインターレース方式が使われることが多いようです。

詳しくは以下の記事もご参照下さい。

インターレース方式とプログレッシブ方式 | みるみるコラム | TOA株式会社 https://www.toa.co.jp/miru2/column/column6.htm

クラウド動画教育システムtebiki

row-img

クラウド動画教育システム tebikiならスマホで撮影した現場の動画をマニュアル化し現場教育の課題を解決できます。ぜひお試しください!

詳しくみる

今すぐクラウド動画教育システムtebiki を使ってみたい方は、デモ・トライアル申し込みフォームからお試しください。