2020.1.9 動画マニュアルの作り方

スマホ撮影で使えるおすすめのピンマイクと接続確認の方法

tebikiサポートチーム
執筆者:tebikiサポートチーム

製造/物流/サービス/小売業など、数々の現場で動画教育システムを導入してきたノウハウをご提供します。

ピンマイクの使い方、種類、オススメのデバイスをご紹介します。ピンマイクを使うと、話す人と撮影者が2メートル程度離れていた場合でも、音量が大きく、音質がクリアになり、音声認識技術を使った自動書き起こしの精度も格段に上がります。

オススメのピンマイク

ピンマイクは1,000円程度のもので十分精度も良く、威力を発揮します。

10種類程度のピンマイクをテストした結果、価格や使いやすさを勘案して、オススメピンマイクを選定しました。尚、ヘッドセットでも、ピンマイクの代わりになります。話す声以外の外部の騒音が若干入りにくくなる傾向があります。

※動作保証するものではございませんので予めご了承ください。


ピンマイクを使う際は最初に必ず動作確認をしてください。かなり古い機種のスマホの場合、外部マイクを認識しない場合があります。

 

有線タイプのピンマイク

有線マイク

Amazon | TOQIBO コンデンサーマイク ミニマイク クリップ iPhone/Android/PC用

 

無線タイプのピンマイク

無線マイク

Amazon | XIAOKOA 2.4G ワイヤレスマイク

 

ヘッドセットタイプのイヤホンマイク

イヤホンマイク

Amazon | ロジクール ヘッドセット

iPhone/iPadとAndroidの動作の違い

各種デバイスで、実際にピンマイクを使ってみました。端末によって、動作の違い、注意点があります。

iPhone, iPadの場合

問題なく認識します。
※iPhone7付属の純製イヤフォンマイク(有線)も認識します。
※iPhone7以上は、(iPhone購入時に付属の)ライトニングケーブルが必要です。

Androidの場合

大部分の機種で、動画撮影時に外部マイクを認識しません。
認識しない場合は、まずはこちらのカメラアプリ(無料)を試してみてください。

Androidスマホでピンマイクを使うときのカメラアプリ

 

関連記事

その他マイクを使った動画の撮影方法もご紹介しています。こちらの記事をご参照下さい。

おすすめのピンマイクと接続確認する方法

無線マイクとスマートフォンを接続して動画を撮影する方法:iPhoneの事例をご紹介

卓上マイクで会議の音声を録音する:おすすめのマイクをご紹介

かんたんに動画マニュアルを作成/共有できるtebiki

「動画撮影」と言われると「難しいそう」と思われる方もいらっしゃると思いますが、弊社が提供しているクラウド型現場向け動画教育システム tebiki は、現場で使える動画をだれでもかんたんに作成/共有できるようにしたシステムです。ご興味あればぜひこちらのサービス紹介をご覧ください!

クラウド動画教育システムtebiki

row-img

クラウド動画教育システム tebikiならスマホで撮影した現場の動画をマニュアル化し現場教育の課題を解決できます。ぜひお試しください!

詳しくみる

今すぐクラウド動画教育システムtebiki を使ってみたい方は、デモ・トライアル申し込みフォームからお試しください。