2020.6.21 動画マニュアルの作り方

アクションカメラで動画撮影する方法

tebikiサポートチーム
執筆者:tebikiサポートチーム

製造/物流/サービス/小売業など、数々の現場で動画教育システムを導入してきたノウハウをご提供します。

目次

アクションカメラを活用すれば、両手を空けて撮影したり、様々な角度からの撮影が可能です。

作業者本人の視点で撮影できるので、動画での業務マニュアルの作成にも向いています。

実際にアクションカメラで撮影したこちらの映像を参考にしてみてください。

アクションカメラを身体に取り付けて撮影する

今回、カメラを身体に取り付けて撮影してみました。小型なので、簡単に身体やモノに取り付けることができます。
アクションカメラを身体に取り付け

 

胸元にカメラを取り付け、手元の作業を撮影してみました。映像を確認しながら撮影することができます。業務マニュアルなど、スタッフ教育の資料作成にも便利です。
カラダにつけたアクションカメラで手元の作業を撮影

おすすめのアクションカメラと装着器具

GoPro等の高価なアクションカメラもありますが、まずは、こちらの安価なアクションカメラでも十分に撮影が可能です。本動画はこのカメラと装着器具を使って撮影をしています。

 

安価なアクションカメラ

Amazon | 【新型】Victure アクションカメラ 4KフルHD高画質

 

GoPro アクションカメラ アクセサリーセット

Amazon | LyStar 51-in-1 GoPro アクセサリー セット アクションカメラ撮影用

アクションカメラの使い方

上記の製品はMicro SDカードが必須です。Micro SDカードをアクションカメラに挿入してください。今回使ったSDカードは以下のものです。

MicroSDカード 32GB EVOPlus Class10

Samsung microSDカード32GB EVOPlus Class10

スマートフォンとの連携

Wi-FiやBluetoothを使って連動すれば、動画をスマホに保存することもできます。もちろんアクションカメラ単独での録画も可能です。USBケーブルでカメラとパソコンをつなげば、撮影データを簡単に保存することができます。

その他機能

録音機能もついています。付属品の防水専用のケースは、本体の保護機能以外にパワフルな防水機能があり、水深30メートルまで撮影可能です。

クラウド動画教育システムtebiki

今すぐクラウド動画教育システムtebiki を使ってみたい方は、デモ・トライアル申し込みフォームからお試しください。